富山市・高岡市・砺波市をはじめ富山県全域のリフォームのことなら三協テック株式会社 富山[一新助家富山店・高岡店]へ

工事進行中

完成

img_0487台所のシステムキッチンの養生を外し、冷蔵庫を配置した所です(*^_^*)

以前に比べ、お部屋が明るく広くなったように感じます。

通常、システムキッチンは、2550の幅が主流なのですが、U様は2700サイズを希望されました。

(タカラのシステムキッチンは、150mmごとに、サイズ変更が可能ですよ)

冷蔵庫のスペースがギリギリでしたので、最後まで不安もありましたが、綺麗に収まりました。

 

img_0469

こちらは、トイレスペース。

奥様が選ばれた花柄のクロスが素敵ですね。

床:LH80625

壁:LL8440(3面) LL8348(右面)

天井:LL8440

全て「リリカラ」の商品です。

小便器前には、I型手摺、洋便器横には、ハンドグリップを設け、移動がしやすいようにしました。

 

U様、打ち合わせから工事終了まで大変お世話になり、ありがとうございました。

施工中

img_0464img_0493

外壁が張られ、ガス給湯器を設置しました。

img_0475img_0491

電気屋さんがエアコンのダクトを取り付けています。

見た目にも綺麗に仕上がりました。

施工中

img_0497img_0496

トイレ内のコーキングをしております。

施工する場所によってコーキングの色を使い分けるため、数種類のコーキング材を用意してもらいました。

入り口部分は濃い目の「こげ茶」にさせていただきました。

img_0508img_0513

トイレ前の建具を取り付けております。

こちらは、引き違い戸で、向かって左側がトイレ、右側が物置スペースとなっております。

施工中

img_0461台所前の外壁を補修しています。

キッチン前のサッシは

三協アルミのハイスペックサッシ

「アルジオ」です。

外側がアルミで耐久性を、内側が樹脂で断熱性を!

両方を兼ね備えた複合サッシですよ(*^_^*)

img_0462

こちらは、窓とシステムキッチンの間の部分。

U様のご要望で、通常の窓の膳板より広めにとり、小物類を沢山

置いていただけるスペースとしました。

家具用コンセントも取り付けて、コーヒーメーカー、ジューサー等、キッチンの上で作業しやすいようにしました。

施工中

img_0450 img_0454続いて、キッチンの組立てに入ります。

キッチンはタカラスタンダード

「エマージュ」シリーズです。

写真のように部材ごとに搬入されるものを、現地で組立てします。

img_0449ガスコンロの側面は、キッチンパネルを天井まで施工します。

タカラのキッチンパネルは、水・油に強いことはもちろん、ホーロー製なので、

磁石がくっつくのでちょっとした「お料理メモ」等を貼っておくことができますよ。

img_0458綺麗に養生して、終了となりました。

向かって左側に冷蔵庫を置く予定です。

 

施工中

img_0390キッチン前の解体工事に入りました。

約2間(1,820mm)の開口ができました。

この部分に内部はシステムキッチン、冷蔵庫を、外部はガス給湯器を配置します。

img_0406

大工さんが、窓を取り付ける位置の寸法を出しています。

 

 

施工中

img_0376 img_0386まずは、トイレの解体から入らせていただきました。

トイレは窓と天井はそのまま残し、床・壁を新しくします(*^_^*)

写真は、設備機器の配管が終わった所で、大工さんと電気屋さんが寸法出しをしています。

このお二人は、年代は違いますが、とっても仲良しで、いつも笑わせてもらっています。

施工前

img_4234 8fa96dfe-5815-4999-91b7-309a06276b72高岡市のU様邸でキッチンの入替えとトイレの入替えに伴うリフォーム工事をさせていただきます。

現在は、お写真のようにキッチンの前に冷蔵庫、その横に廊下へ続く出入口があります。

食器棚が2つあり、10帖のお部屋が少し手狭に感じます。

今回は、キッチンの横に冷蔵庫を並べてスッキリさせる予定です。

img_4244 img_4246こちらは、現況のトイレのお写真です。

写真では、分かりづらいですが、トイレの空間が台形です。

洋便器と小便器の配列は同じですが、現在、2つの距離が近いこと、洋便器の奥行きが広いため、前方の壁までの圧迫感があること等を考慮して、リフォーム工事を進めて参ります。

img_4846こちらは、外からみた台所の窓です。

今回、窓を入替えされますが、現在のように大きな窓にされたいということで、コンロ前と吊戸棚の部分を残し、なるべく大きな窓を入れさせていただきます。